無料ブログはココログ

« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »

2011年8月28日 - 2011年9月3日

夏の終わり・・・

今日で8月も終わり・・・

毎年8月31日になると夏も終わりのような気がしますconfident

そして必ず夏にやり残したことがあるような・・・

そうだ!!夏といったら“海”正確に言うと“海と犬”coldsweats01

ってことで、8月最後の週末は海に遊びに行ってきましたsign03

Dscn3670_3

ライさん、去年とは違い何の警戒もなく自分から海に飛び込んでいきましたdash

それには理由が・・・

Dscn3706_2

わかりにくいのですが、所々で大きな魚がジャンプしていたんですfishfish

(タイミングが合わずうまく写真を撮ることができず残念・・・)

アジ?イナダ?みたいな魚でした

Dscn3673_3

ライさん獲物を狙っていたようですdash

Dscn3697

Dscn3681_2

Dscn3682

スイスイ~っと何度も行ったり来たり

Dscn3688

dogでもね、お魚つかまえられなかったよグッスンsweat02

いいの いいの気にしない!!

夕日が沈むまで遊びましょうwink

Dscn3699_2

dogじゃぁ行ってきます

Dscn3703 Dscn3709

Dscn3712

やっぱり夏は“海と犬”ですねhappy01

Dscn3725

夏の終わり

Dscn3724

少しだけ悲しくなるのはなぜでしょうsweat02

巣立ち

8月26日のヒナchick

Dscn3639

もう巣の中はギューギューbearingとっても大きくなっていました。

孵ってから2週間 巣立ちが近いと思われます

そして翌日eye

Dscn3651

巣から頭を出して外の様子をうかがうヒナ

Dscn3662

写真を撮った直後、事故が・・・

驚いたヒナ達が巣から落ちてしまいましたcoldsweats02

落ちたというより飛び降りたような感じでした

Dscn3664

落ちたヒナは3羽。あわててお父さんが巣に戻したのですが

これが巣立ちのきっかけに?

夕方には、3羽が巣の端に立ち羽をバタバタさせていました。その後私たちは

出かけたので3羽の巣立ちを見守ることはできなかったのですが

翌日28日の朝、巣を覗くと

Dscn3735

1羽だけになっていました。周りで親鳥が今まで聞いたことのない声で鳴いていたので

必死に探してみると近所の家の軒先に1羽のヒナが止まっているのが

見えました

Dscn3733

まだ尾羽も生えていないのに、よく飛べるものですcoldsweats02

この後親鳥と一緒にどこかへ行ってしまいました・・・

残っていたヒナは

Dscn3737

夕方4時頃から準備を始め

Dscn3742

30分後とうとう巣を離れました

さらに30分後枝からも離れ道にちょこんと降りてきました

Dscn3744

向かいの家のほうから親鳥が必死に呼び、その方向へなんとかたどりついた

ヒナでしたが運の悪いことに日が暮れてしまい、いつの間にか

親鳥はどこかに消えてしまいましたsweat01

飛べずに残されたヒナは物陰に隠れプルプル震えていました。

どうか朝まで何事もありませんように!!そして親鳥が迎えにきますように!!

私たちには祈ることしかできません・・・鳥のヒナは拾ってはいけないらしいので・・・

そして今朝、親鳥の鳴き声で目覚め、急いで外を見てみると

Dscn3749

無事でした~良かったhappy01しかし喜びはつかの間・・・

この後猫がヒナをくわえて走っていく姿をライの散歩帰りのお父さんが

目撃sign03

自然の摂理とわかっていても残念です・・・そしてショックです

Dscn3748

それから長い間、親鳥はわが子を探すように鳴いていました

あぁっ・・・他のヒナは無事なのでしょうかthink

喜びと悲しみを同時に味わった数日でした。

Dscn3740

dogまた来年も会えるかな~

« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »